KCAの心理学講座は、ココが違う! KANAZAWA COUNSELING ACADEMY

KCAでは、皆さんに安心・信頼して頂く為に7つの方針でスクール運営を行っています。
これまでの実践や学び、皆さんからの意見をもとに考えた、受講する方々にとって本当に大切だと思われる、KCAの講座に欠かせない「こだわり」です。今後も以下の7つの方針をしっかりと守っていくことをお約束します。
その1
カウンセリング・心理学先進国アメリカの技術を取り入れ
技術・知識だけでは無く、"心"も学んで頂いています。
 
アメリカのカウンセリング教育の良いところを取り入れています。
知識や技術の習得はもちろんのこと、それらを生かすために欠かせない「場」のあり方、雰囲気づくりを体感してもらうことによって、より現場で自然に再現・実践できるものを目指しています。
そのために、無機質な環境、無機質な人間関係の中で学ぶようなことがないよう、心がけています。

その2
心理学やカウンセリングの現状を正直にお伝えしています。
出来ること、出来ないことは正直にお伝えしています。
最近の心理学・カウンセリングのブームにより、いい加減な情報やスクールが横行しているのが実情です。おいしい話ばかりではなく、むしろこの業界の厳しさや責任の重さ等、実情をお伝えしていきます。KCAで出来ないこと、目指せないものは、はっきりとお話させて頂きますし、必要な場合は他の教育機関などをご紹介させて頂きます。

講義は楽しく、教材内容はわかりやすく、
生徒さんの意見を取り入れて常に改良を続けています。
難しそうな理論でも、無理なく自然にわかるように考えてあります。
教材は毎回生徒さんの反応から、少しでもわかりにくそうなものは、よりわかりやすいものに改良し続けています。モットーは「物事は楽しくなければ続かない」。楽しく笑いのある、そして拘束感の少ない講座を心がけています。皆さん講義中でも、好き勝手にお茶を入れたりして過ごしていますよ。

その4
卒業後は知らん顔では無く、イベントやサークル活動など
生徒さんとの交流機会をたくさん作っています。
全て講座を終了された後にも参加できる、様々なイベントや食事会、勉強会、サークル活動などを行っており、会報にてお知らせしています。
せっかく知り合えた方々との交流を、何よりも大事にしたいと思っております。皆さんからの要望も考慮していきます。

その5
生徒さんの話を良く聴き、交流を大切にしています。
また、生徒と講師の間に上下関係はありません。
講座の皆さんと話す時間を大事にしています。「授業が終わったら、さっさと帰れ」なんて言いません。
みなさんとの交流は、生徒さん同士にとっても、私自身にとっても、学ぶことの多い大切な時間です。講師と生徒という立場の違いはありますが、上下関係はありません。
質問その他、何でも気軽に話して頂いてます。

その6
講師は、常に学ぶことを忘れず
新しい技術や情報を取り入れ、皆さんに提供しています。
カウンセリングの技術は刻々と進化しています。社会が変化すれば、人の悩みやストレスのあり方も変わりますから、必要とされるカウンセリングも当然変化します。
古い技法だけに固執せず、定期的にアメリカ現地でのトレーニングや、アメリカ人セラピスト、その他信頼のおける指導者からの新しい技術の取得、向上を欠かさず、皆さんにできるだけ新しい情報を提供していきます。

その7
受講者からの評価や感想を積極的にスクールや講座に反映し
また、それらをホームページ上で全て公開しています。
受講された方々にはアンケートに答えて頂き、それらの意見や要望、評価を聞き、これからの講座に反映させていきます。また、実際の皆さんからの評価をホームページ上でそのまま公開していきます。